最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

感涙

日記書くの久しぶりですなー。
相変わらず、育児中心の生活なので、特に変わったこともないッス。
禁煙も続いてまっせ~。
あ、あと、歯医者にも通い始めました。
それ以外は時々時間を作って占いの講座行って勉強するとかですかね。
そういう日常なんですが、先週はイベントが重なったのでたまには記録として日記を書いておこうかと。


20日日曜日は、お友達夫妻に声をかけていただき、大人6人子供4人(男女混合1歳~4歳、うちの子が一番のおチビ)で、川崎ルフロンにあるキドキドへ行ってきました。
http://www.bornelund.co.jp/asobi/kidokid.html

ここは、すごいです。
とにかく身体使って遊べます。
うちの子、児童館でもウロチョロしまくり、他のお母さんや職員の方にも「大変ねえ」と言われるくらい動きが激しくて、体力もある子なので、大喜びでした。
あらゆる遊具に突っ込んで行きます。
お兄さんお姉さんたちを押しのけて割り込んで遊んでました。
特にトランポリンがお気に入りだったみたい。
人見知りはするけど、怖いって感覚はまだないのかなあ?
でも、さすがに一番おチビだったので、2時間で疲れてギブアップでした。

その後はお友達のご主人さんの迅速な手配で、ラ・チッタデッラのイタリアンのお店へ移動。
キドキドでは、子供たちは自分のやりたいことに夢中でまったく交流しなかったんですが、ここでやっとコミュニケーションを取り始めました。
とは言え、1歳児チームは食べるのに一生懸命でした。惜しい。

でも、3、4歳にもなるとやっぱし女の子と男の子は全然お利口度が違いますねー。
女の子とは、食事中も楽しく会話のキャッチボールができたけど(この子が賢いんだまた)、男の子はここはサーカスで今は曲芸タイムか?ってくらい落ち着きがなかったです。
お母さん、マジギレされてましたもの。
これはもう、しつけ云々の問題じゃないですね。
将来の我が家の姿かと思うと、ゲンナリしました

川崎って思ってたよりずっと近いし、子供にも優しい町だったので、また行きたいです。
というか住みたいかも。



翌21日月曜日は、東村アキコ先生の講談社漫画賞受賞パーティの二次会へお邪魔させていただきました。
夫が抽選会の司会をやることになったんで、くっついて行ったんですの(ちゃんと「奥様もどうぞ」って誘っていただいたんですことよ)。

その間、息子は東村先生の仕事場券ご自宅で預かっていただくことに。
お母様と健一さん(お父様)とごっちゃんに、たくさん遊んでもらったみたいです。
うちの子、結構人見知りするんですが、泣いたのは最初だけで、終始機嫌が良かったとのことでビックリしました。
特に、健一さんにはすごく懐いていたそうで。
健一マジックですな。

で、パーティですよ。
東村先生は「海月姫」で受賞されたんですが、会場のいたるところにクラゲのバルーンアートが飾られ、女性の出席者にはティアラの着用が義務づけられ、尼~ずのコスプレをしたアシスタントの方々にお世話をしてもらい、少女漫画の世界を堪能することができました。
まやや様、千恵子さん、ばんばさんのモデルの方もいらっしゃってて、あまりにも「そのまんま」で爆笑しました。

でも、それ以上に感激したのは、萩尾望都先生、一条ゆかり先生、よしながふみ先生、松苗あけみ先生のお姿を拝見できたこと!
夫と吉田豪さんのはからいで、萩尾先生とよしなが先生と一条先生にはご挨拶をさせていただきました。
記念撮影にも応じていただき、もうもう、感激です!

特に、萩尾先生とお話しさせていただいた時には、明らかに挙動不審だったし、しかもなぜか「ありがとうございます」という言葉しか出て来なくて、自分でもバカじゃなかろうかと思いました。
この「ありがとうございます」には色々な思いが入り混じってたんですけどね。
舞い上がって伝えられなかったな……。

萩尾先生は、多くの方が言われるように、如来のようなオーラをお持ちでしたよ。
一緒に突撃した豪さんが「先生って尼~ずっぽいですよね」とふったら、「そうなのよ!処女と童貞が…(以下自粛)」と食い気味に乗って来られてたのがキュートでした。

一条先生は、いまだ現役肉食系!って感じでド迫力でした。噂通り超巨乳だったし。
よしなが先生は、小さくて色白でかわいくて、まるで女子高生みたいな方。自画像は大嘘です。
松苗先生は、そのまんま「純情クレージーフルーツ」の桃苗でした~。


単にファンというのではなく、人格形成に大きな影響を与えた人にお目にかかるって、一生のうちそうそうあるもんじゃないですよね。
「私ってば本当に幸せ者だ、帰りに事故に遭って死んだとしてもいいや。ダンナよ、ありがとう!」とか考えてたら涙が止まらなくなってしまい、周囲にドン引きされましたけど。
いいじゃんかよ、フンだ
今は、もっと欲が出て、山岸凉子先生と青池保子先生にもいつかお目にかかりたいなんて図々しく思っております~。

本当に本当に幸せな夜でした。
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

日下ゆに

Author:日下ゆに
占い師と本屋さんの二足のわらじを履いてます。

YAHOO!占いにてコンテンツを配信しております。
「プラネタリー星図占」
http://charge.fortune.yahoo.co.jp/gta/yuni/
無料のメニューもありますので、ぜひお試し下さい。

普段は、福岡市の天神にある【書斎りーぶる】という書店におります。
http://shosai-livre.com/
占いもこちらでやってます。
店内に「窓辺の占いルピナス」というブースがあり、
占い師さんが日替わりでご出演されていますので、遊びに来て下さいね。
https://www.facebook.com/uranai.Lupinus/

日下ゆにの鑑定は完全予約制です。
総合鑑定(西洋占星術、タロット、手相、易)1時間1万円です。
ご希望の方は、heiheihou321★gmail.com(★を@に打ち直してネ)までご連絡くださいませ。

折り返しご連絡いたします。

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

ホロスコープ作成

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。